劣化対策

新築住宅の評価方法基準における各等級に要求される水準及び基準の概要

等級3

要求される水準 住宅が限界状態に至るまでの期間が3世代以上となるための必要な対策
評価方法の基準
(例:木造)
「a.外壁の軸組等」における一定の防腐・防蟻措置
「b.土台」における一定の防腐・防蟻措置
「c.浴室及び脱衣室」における一定の防水措置等
「d.地盤」における一定の防蟻措置
「e.基礎」における一定の基礎高さ確保
「f.床下」における一定の防湿・換気装置
「g.小屋裏」における一定の換気装置
「h.構造部材等」における基準法施工令規定への適合

等級2

要求される水準 住宅が限界状態に至るまでの期間が2世代以上となるための必要な対策
評価方法の基準
(例:木造)
「a.外壁の軸組等」について、等級3に準じる一定の防腐・防蟻措置
上記「b~h」に掲げる基準への適合

等級1

要求される水準 評価方法の基準
(例:木造)
建築基準法に定める対策 上記「h」に掲げる基準への適合

コンセプト一覧に戻る

メニュー